• 送料無料!!

    全国送料無料!!
    ※一部地域を除く

  • 24時間いつでも
    注文・入稿OK

  • 電話でのお問合せ
    平日9:00~18:00

身分証のセキュリティ対策!カード偽造を防止する6つの方法

身分証のセキュリティ対策!カード偽造を防止する6つの方法

2018/06/21

昨今、カードの偽造や不正利用が社会を騒がす事件が多く発生しています。最近では、アイドルのコンサートに入場するために学生証を偽造して摘発された事件をご存知の方もいらっしゃるでしょうか。

こうした問題に対して、何かセキュリティ対策をした方がいいと感じつつ、何をしたら良いのか分からないという方も多いかと思います。

今回は、社員証や学生証などの身分証、各種プラスチックカードの偽造防止方法をご紹介します。

1.パール印刷(パールカード)

パール印刷

パール印刷は、パールインクと呼ばれる特殊なインク(別名、偽造防止インク)で印刷することです。パールインクでの印刷は、一般的なカラー印刷では再現できないので、カードの偽造防止に効果的です。

おすすめは、カード表面に地紋・ロゴなどを印刷すること。カード全体にあらかじめパール印刷を施しておくことで、角度によってきらきらと白っぽく輝くカードに仕上げることができます。

1000枚からのご注文を受け付けております。

【パール印刷の関連記事】
「パール印刷の概要・料金表」
「プラスチックカードの偽造防止にもオススメな特殊インクとは?」

2.カラーサインパネル加工

カラーサインパネル

カラーサインパネルは、クレジットカードの裏面の署名欄などにも使われています。

一般的な白いサインパネル(署名欄)ですと、安易に偽造される恐れがありますが、独自のロゴ・模様をあしらったカラーサインパネルにすることで、偽造のリスクが下がります

カードの種類によっても異なりますが、1枚から対応可能なオプションです。

【カラーサインパネルの関連記事】
「サインパネル加工の詳細」
「カラーサインパネル加工でセキュリティやカードのデザイン性を高める」

3.箔押し・ホログラム箔押し加工

ホログラム箔押し

箔押し加工は、ホットスタンプとも呼ばれるオプション加工で、高級感がありVIPカードにもよく使用されています。色は金・銀・黒を中心に、多種多様な色に対応しています。

ホログラム箔押しは、角度によって七色にキラキラと輝く文字やイラストを表現でき、通常の箔押しよりもカードを目立たせることができます。

どちらの加工も判を作る必要があり、細かな部分の表現には技術も必要なため、偽造されにくいカードとなります。

箔押し加工は100枚から作成を承っています。

【箔押し加工の関連ページ】
「箔押し加工の詳細」
「メンバーズカードのワンポイントにもおすすめ!細部まで表現できる箔押し加工」

【ホログラム箔押し加工の関連ページ】
「ホログラム箔押し加工の詳細」
「ホログラム箔押し加工で、おしゃれなメンバーズカード・VIPカードを作成」

4.ホログラムフィルム加工(セキュリティーホログラムカード)

ホログラム

ホログラムフィルム加工は、パスポートの証明写真ページにも使われているセキュリティ効果が高い加工です。カード表面全体に施すことで、角度によって見え方が立体的に変化し、キラキラと光沢感のあるカードに仕上がります。

社員証や学生証などの表面に、独自のパターンのホログラムフィルムを転写して作成するため、カードの偽造・改ざんが困難となります。

弊社では1枚から作成を承っております。

【ホログラムフィルム加工の関連記事】
「社員証にもおすすめ!セキュリティホログラムカードのご紹介」

5.磁気カード

磁気カード

磁気カードは、プラスチックカードに磁気テープを貼り付けて、そこに顧客情報やポイント情報などのデータを記憶させます。

データの書込みには専用の機器が必要ですので、簡単にカードを偽造することはできません。

しかし、悪質なスキミング被害を防ぐことは難しいので、カードに重要な情報を登録する必要がある場合は、ICカードをおすすめします。

1枚から対応可能です。

【磁気カードの関連ページ】
「磁気エンコードについて」
「磁気カードのセキュリティ問題を検証!作成時に気をつけることは?」
「磁気検査機による検査も実施、磁気ストライプ加工を施したプラスチックカードの作成」

6.ICカード

ICカード

ICカードは、ICチップに各種データを記録させますが、データの書込みや読み取りには高価な機器が必要となりますし、何重にもセキュリティをかけているので技術的にも偽造はとても困難です。

また、カードを使用する際に暗証番号を入力して、利用者の本人確認を行うシーンも多く、盗難・紛失をしたとしても悪用を防げます。

作成するカードの種類やオプション加工によっても異なりますが、1枚から作成することが可能です。

【ICカードの関連ページ】
「ICカードの詳細ページ」

身分証の偽造を防ぐために作成段階からしっかりと対策を

今回は、カードの偽造を難しくする6つの方法をご紹介しました。

1.パール印刷(パールカード)
2.カラーサインパネル加工
3.箔押し・ホログラム箔押し加工
4.ホログラムフィルム加工(セキュリティーホログラムカード)
5.磁気カード
6.ICカード

弊社では身分証・学生証・社員証のほか、セキュリティが重視されるPSカードの作成も承っております。

【PS(湾岸セキュリティ)カードについての関連ページ】
「港湾セキュリティカード(PSカード)受託発行については日本カード印刷」

身分証カードの偽造防止のためのセキュリティ対策について、ご予算に応じた方法をご提案させていただきますので、お気軽にご相談ください。