• 送料無料!!

    全国送料無料!!
    ※一部地域を除く

  • 24時間いつでも
    注文・入稿OK

  • 電話でのお問合せ
    平日9:00~18:00

ポイントカードを作成したい!無料アプリで作る?それとも注文する?

ポイントカードを作成したい!無料アプリで作る?それとも注文する?

2018/06/26

お店や医療機関の集客、あるいは顧客管理に欠かせないポイントカード。実際どうやって作ればいいかわからないという方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。

このポイントカード、自作もできますが、カード専門店に注文する場合とでは、どんな違いがあるのでしょうか?それぞれのメリットなどについてご紹介します。

●ポイントカード作成につかえる無料アプリやテンプレートでつくる

最近では、自宅やお店などで自分で作成する場合、ポイントカード作成用の無料アプリまたはテンプレートを使用してポイントカードを自作するという方法があります。

従来、ポイントカードを印刷して作るとなると、パソコンでワードなどを使用して作るというケースがありましたが、最近は様々なWebアプリやスマートフォンアプリで簡単にデザインを選ぶだけで作ることができるようになりました。

基本的には、テンプレートの中から好みのものを選び、ポイントカードに記載したい内容などを入力して、後はそのデータを専用の紙に印刷するだけ、と手軽にできるようになりました。

もちろん、このとき印刷するのは、耐久性のある厚紙に印刷しなければなりませんが、通常家庭にあるようなインクジェットプリンターで十分対応することができます。そのため、このような無料のアプリやWebサービスあるいはテンプレートを使うことによって自作のポイントカードを提供している事業者の方も多くいらっしゃいます。

ただし、テンプレートのデザインは選べる種類が限られていることや、紙にしか印刷できないなどいろいろ制約もあります。もちろんプラスチックカード専用のプリンターを買えば、プラスチックカードでも作ることは可能ですが、そのためのコストがかかります。

また印刷した紙を、切り離す作業なども出てきます。印刷ミスや、作ったものの修正箇所がでてくる、と、変更や修正に時間もそれなりにかかります。無料で作ることができたとしても、頻繁に入れ替えや交換が発生すると、それだけインクや紙のコストがかかる、というわけです。

少量からできる点はメリットでもありますが、紙が余ったり、わざわざ紙を購入する手間も出てきます。忙しい中、ポイントカードを自作するのは、少し面倒に感じるかもしれません。

●カードの作成専門の会社に頼むときのメリット

それでは、カード作成専門会社にポイントカードの作成を依頼するメリットはなんでしょうか?もちろん、カードのデザイン、台紙の種類を豊富な中から選べるところや、切り離す手間もなく、インターネットですぐできる点がメリットです。

さらには、紙のポイントカードだけではなく、機械を導入するポイントカードシステムがあります。端末にカードを挿入するだけで、内容が上書きされたり書き換えられたりするサーマルカードや、リライトカードといったものもあります。

紙のポイントカードとの大きな違いは、このシステムを導入することで、顧客情報を集めることができ、またそれを分析して対策を練ることができるところです。どのお客様がどのくらいの頻度で来店しているかなど、傾向も一目でわかります。

ですので、お客様にとってのポイント還元だけでなく、お店にとっても有益な情報が集められるため、今後の集客や、売上アップにもつながります

そのほか、オリジナルのデザインで作成もできるので、お店の個性も出せアピールすることも可能です。デザインを用意できない場合のデザイン作成などの細かい依頼もできるので安心して頼めます。

●ポイントカードを作成するならどっちが安い?

なんとなく、自作の方が安くできるイメージがありますが、実際のところは印刷するための設備や紙の手配、デザインにかかる時間や、あるいはデザイナーを入れた場合はその外注費用などでそれなりの費用がかかるものです。

それであれば、専門業者にきちんと依頼をすることで、クオリティもよく、手間も時間的コストもかけずに、ポイントカードが出来上がります。

枚数が増えるほど、1枚あたりの金額も安くなりますし、まとめて作りたい場合は専門のお店で作る方が安い場合もあります。

もし、ポイントカードのシステムを入れる場合にも、初期費用は少しかかりますが、長期的に見て費用対効果を考えると、高くないかもしれません。それ以上に、カードをその都度作成する手間や、手書きや人の手で顧客情報をデータ化する人件費などに比べると結果的に安くつきます。

●まとめ

お店の売上や、集客に関わるとても重要なポイントカード。お客様にお得なだけでなく、来店回数やどんな商品が売れているか?などのデータなども集めることができます。

しかし、このポイントカードを自作するとなると、データを集めることも手作業になってしまいます。 その手間や時間を他のことに使えば、さらに売り上げにもつなげることもできます。

やはり、せっかくポイントカードを作るなら、専門の業者にお願いしたほうが時間的にも早く上がりますし、コスト的にも安く上がるケースがあります。なによりも導入することで、顧客管理までできるのです。ポイントカードを作成したいと思った時には、まずは相談してみましょう。