• 送料無料!!

    全国送料無料!!
    ※一部地域を除く

  • 24時間いつでも
    注文・入稿OK

  • 電話でのお問合せ
    平日9:00~18:00

クレジットカードのサイズ規格のちょっとした秘密

クレジットカードのサイズ規格のちょっとした秘密

2018/12/21

クレジットカードをお持ちの方も多いと思いますが、クレジットカードのサイズについて考えたことがある方は少ないのではないでしょうか?

なぜ世界共通で使用できるのか不思議に思いますよね。

実はクレジットカードのサイズ規格にはちょっとした秘密があるのです。

また、この規格のテンプレートはたくさんありますので、そちらも併せて確認しておくとこのサイズのカードを作成する時に役立ちます。

クレジットカードのサイズがみんな同じなのはなぜ?

クレジットカードはカード会社ごとにたくさんの種類がありますが、そのサイズはすべて同じです。
縦53.98ミリ、横85.60ミリ、厚さ0.76ミリがサイズの詳細で、このサイズ以外の大きさで作られるクレジットカードは日本のみならず世界的にもまずありません。
ではなぜクレジットカードのサイズは上記の大きさで統一されているのでしょうか?
その理由はクレジットカードの特性にあります。
クレジットカードは専用の機械で情報を読み取り決済を済ませるシステムになっていますが、サイズが違うと機械での読み取りに問題が生じるのです。
極端な例ですが、A4サイズのクレジットカードがあったとしましょう。
大きすぎて持ち運びに不便という問題もありますが、最大の問題は大きすぎて機械で読み取れないことです。
つまりクレジットカードの大きさがバラバラだと、それぞれのサイズに合わせた読み取り機械も用意しなければならず、店舗側に手間とお金がかかります。
それではどの店舗もクレジットカード決済を使わず、現金決済のみの対応となってしまうため、クレジットカードのサイズは統一する必要があるのです。
だからこそ世界中どのクレジットカードも同じサイズになっています。

実は、黄金比率の国際規格サイズ

上記で紹介したクレジットカードのサイズは、ISO/IEC7810という国際規格が利用されています。
ISO/IEC7810のID-1という規格が採用されているのですが、実はこの規格サイズは黄金比率と呼ばれるサイズです。
聞いたことあるという方も多いかもしれませんが、黄金比率とは人間が美しいと感じる比率のことで、世界的に有名な芸術品も黄金比率が用いられていることがあります。
代表的なもので言うとレオナルド・ダ・ヴィンチの「モナリザの微笑」が挙げられます。
描かれているモナリザの顔がまさに黄金比率となっていて、だからこそ多くの人がこの絵を見て美しいと感じると言われています。
クレジットカードも同様に黄金比率を使うことで、本能的に使いやすいと感じられるのです。
適当にサイズが決められているわけではなく、きちんと理由があって国際規格が定められているわけです。

カード印刷用のテンプレートにも採用される理由

カードを印刷する時に、テンプレートを利用することも可能です。
テンプレートはカードを印刷するために用意されたいわゆる雛形で、あらかじめ印刷サイズなどが決められているため、必要な情報を入力して印刷するだけでカードの印刷が簡単になります。
非常に便利なのですが、そのカード印刷用のテンプレートにもクレジットカードの規格サイズが採用されています。黄金比率で大変扱いやすく、見た目にも美しいため、このサイズのカードが人気です。

自社のポイントカードや、VIPカードなどをこの規格にエンボス加工ホログラム加工を入れて作成すると高級感も出ます。デザインさえ決めておけば、後はテンプレートを利用してすぐに印刷できます。利便性のためにテンプレートが用意されている、と言ってもいいでしょう。デザインも豊富にあるため、その中から選んで文字を組み合わせれてオリジナルのカードがすぐに作れます。

クレジットカードに採用されている規格サイズは、免許証やポイントカードなど、他のカードでも採用されることが多いため、テンプレートでさまざまなカードを簡単に印刷できるようになります。
汎用性の高さもテンプレートとして採用される理由です。

まとめ

クレジットカードのサイズはバラバラではなく、ISO/IEC7810という国際規格のサイズが採用されています。
大きさを統一することで、1つの機械であらゆるクレジットカードを読み取り可能にするためです。
サイズは黄金比率になっていて、使いやすく、美しいと感じるサイズになっています。


カードを印刷する場合は、この国際規格のサイズをテンプレートとして利用することも可能です。
カードのテンプレートはインターネットでダウンロードするなどすれば、すぐにでも利用可能です。
ポイントカードなどの一般的によく見かけるカードもこのサイズを採用していることがほとんどなので、テンプレートを準備しておくとカードの印刷が簡単になって便利です。