• 送料無料!!

    全国送料無料!!
    ※一部地域を除く

  • 24時間いつでも
    注文・入稿OK

  • 電話でのお問合せ
    平日9:00~18:00

診察券を制作するときの費用や相場はどれくらい?

診察券を制作するときの費用や相場はどれくらい?

2018/02/06

クリニックや病院、サロンなどを運営すると、患者さんや顧客管理の観点から診察券というものを導入する必要があります。特に医療行為を提供する業種の場合は、人の取り違えによる医療ミスなどが起こるリスクを最大限軽減してくれるのがこの診察券です。

その診察券、制作する場合の費用や相場というのはどれくらいなのでしょうか? 飛び込み営業に来る営業マンの見積もりしか知らず、実際のところの相場感がつかめずにいるという声も聞かれますので、今回は診察券を制作する時の費用や相場について、解説します。

診察券を制作する場合の費用と平均相場

診察券を制作する場合、おおよその費用や平均相場については「どんな材質のカードにするか」という部分から算出することが可能です。

仮に材質を、銀行のキャッシュカードやクレジットカードと同じPVCプラスチックカードにすると、1000枚当たり9万円~10万円程度、つまり一枚当たりに換算するとおよそ90円から100円程度のコストで制作することが可能です。

PVCプラスチックカードは銀行のキャッシュカードはクレジットカードに使われている材質ですので、診察券としてはかなり堅牢性もあり、重厚な作りにもなっていますので、コストパフォーマンスに優れていると言えます。

何かカードに印字をしたい、次回予約日などを印字したり、リライトしたいという場合には、いわゆるテレフォンカードと同じ材質のリライトカードというものを制作することも可能です。こちらは直接カードに次回予約日などを印字し、それを機械に入れることでさらにリライトすることもできるという優れものです。こちらもおおよそ一枚あたり100円程度のコストで制作することが可能です。

これらの材質と印刷にかかる費用に合わせてオプション費用、つまりカードにバーコードを埋め込んだり、フルカラー印刷にしたり、 カードの表面に番号を凹凸で印字するなどの費用などが追加で発生することになります。

診察券のおすすめ材質

〇クリスパーカード

診察券の材質にも様々ありますが、 おすすめの材質としてクリスバーカードというものがあります。

あまり聞き馴染みのない材質のようですが、いわゆるテレフォンカードなどと同じような肌触りをもつ材質で、色味は若干クリーム色がかったホワイトとなります。

PVCプラスチックカードには若干の重厚感と厚みがあり、お財布に複数枚入るとそれだけお財布を圧迫することになるのですが、クリスパーカードについては非常に薄い材質で出来ており、それでいて耐久性もあり、さらには耐水性までありますので、 その利便性は診察券を持つ側も、そして発行する側も上々です。

さらにクリスパーカードはその発行コストが比較的抑えやすいという側面があり、およそ1000枚当たり5万円から6万円程度で制作することが可能となっています。

〇PVCプラスチックカード

PVC プラスチックカードについても、もちろん利便性が高くさらに何と言っても「高級感」や「重厚感」に優れるという特徴を持ちます。

コストについてはやはりクリスパーカードに比べると若干上昇することは避けられませんが、それでも様々なオプションを追加することができますので、自由度という面ではどの材質にも負けないくらいの幅の広さを持っています。

特に印刷についてはフルカラーの印刷に対応しており、カード自体の色も幅広いカラーバリエーションから選択することができますので、オリジナルのどこにもないような高級感溢れる一枚を作りたいという場合には PVCプラスチックカードがおすすめです。

診察券を制作するときの手順

まずは診察券に記載する内容、大まかにどのようなデザインが良いか、を決定します。

よく診察券の材質から決めてしまう方がいらっしゃいますが、その場合は診察券の材質によって記載できる内容やデザインなどがある程度固定されてしまう可能性があるため、先に記載内容やデザインなどを大まかに決定した上で材質の選定に入るというスキームがおすすめです。

記載内容、大まかなデザイン、カードの材質が固まったら、続いて製作のお打ち合わせに入ります。

この時に大まかなデザインやカードの材質、予定している発行枚数などをヒアリングさせていただき、どのようなカード制作を行うかについてご提案をさせていただきます。最終的にどのようなカード制作を行うかが固まり次第、カード制作の正式ご注文となります。

このご注文内容がすべて確定した段階で、お支払いが発生します。

(※別途お支払い条件など、取り決めのある場合はこの限りではありません)

この段階からカードの制作に入り、事前にお伝えしている納期にて制作したカードをお届けいたします。納期についてはカードの材質やデザイン、加工オプションなどにもよりますが、おおよそ5営業日から10営業日程度のお時間をいただくことになります。

まとめ

このように診察券を制作する際の費用はカードの材質や加工オプションの有無やその数量によって変動しますが、大まかにPVC プラスチックカードの場合はオプションやデザイン料などを除き一枚あたり90円から100円程度、最近人気のクリスパーカードについては一枚あたりどうように60円から70円程度で制作することが可能となっています。