• 送料無料!!

    全国送料無料!!
    ※一部地域を除く

  • 24時間いつでも注文・入稿OK

    24時間いつでも
    注文・入稿OK

  • 電話でのお問合せ

    電話でのお問合せ
    平日9:00~18:00

IDカードケースの販売について

IDカードケースの販売について

公開日:2015/10/30
更新日:2020/05/01

弊社ではプラスチックカードの作成だけではなく、カードを入れるケースやストラップの販売もしています。今回はストラップの先に取り付けるカードケースについてご紹介します。

カードケースの種類

カードには穴を開けることができないため、社員証はケースに入れて使用する場合が多いです。カードケースは大きく2種類に分けられ、「ソフトビニールタイプ」と「ハードタイプ」があります。

ソフトビニールタイプは、社員証のほか、販売会などで配布され、そこに自分の名刺を入れるなどして使用します。
ハードケースは、より硬い材質で作られているため、重要なIDカードを入れるのに適しています。
ケースサイズは大小あるものの、社員証など一般的なカードが入る大きさに作られています。また、裏表の両面にポケットを設け、1つのカードケースに2枚収納できるツインタイプもあります。社員証と入退室のICカードが違う場合などに重宝されています。

弊社で社員証を作られたお客様から、ケースのお問い合わせをいただく機会が多かったので、在庫でご用意することにしました。1個からの注文も可能になり、お客様から大変喜ばれております。

カードケースを使用する理由

会社の規定で常に掲示しなければならない、入退室の際に使用するなど、使用用途は様々あると思いますが、個人情報保護法の観点からもカードケースが必要な場合があります。法律で定められたものではありませんが、「個人情報を扱う社員を一目でわかるようにする」というコンプライアンスがあるからです。

例えば会社の受付など、名前だけのカードではアルバイトなのか社員なのか見分けがつかないため、顔写真入りの社員証を作成し、それを掲示することで、個人情報を扱う資格があることを明示しています。他にも、カードケースは営業マンや新聞販売、保険のセールスなど、身分証明書を掲示しながら活動する職種の人たちにも使われています。他にも、展示会など大人数が集まる場所ではテロ対策などのセキュリティとして、カードケースに入れた社員証や名刺を首から下げることをルールとしている場合があります。

カードケースの使用メリット

・社員証や身分証明書を入れて、首からかけることができる。
・入退室カードなどをその都度、カバンなどから出す手間が省ける。
・大切なカードの紛失防止になる。
・初めて会う人に対して安心感を与えられる、また会社の信頼性につながる。
・個人情報保護法に基づくコンプライアンス遵守につながる。

プラスチックカード作成をご検討なら、
カード一筋40年の弊社にご相談ください。

日本カード印刷では、国内製造による高い品質と、提携工場による低コスト短納期対応が可能です。
少量作成・大量作成など、お客様のご希望をお気軽におっしゃってください。
お客様のニーズに合わせた臨機応変な対応を常に心がけておりますので、用途によって異なりますが、その内容に沿ったベストなご提案を行います。

お悩み解決致します!!

プラスチックカード作成は紙印刷と比較して決して安価な買い物ではございません。
だからこそ、このようなお悩みがございましたら、豊富なノウハウを持った専門会社にお任せください。

#

など些細な疑問でもかまいません。
プラスチックカードは素材や作成方法によって特徴や価格が違うためご不明な部分や迷われる場合もあると思います。
カードの作成をお考えのお客様、お気軽に御見積・サンプルカードのご依頼を頂き、カード品質や価格をお確かめください。
まずは、お電話やメールでご相談ください。当社の経験豊富なスタッフが迅速、丁寧に対応させていただきます。

もっと詳しい内容が知りたい、金額が気になる。丁寧にわかりやすくご回答させていただきます!まずはお気軽にメール・お電話にてお問い合わせください。

 06-6376-4140

受付時間 平日9:00~18:00