シルク印刷とは? 下地の色が透けず重ね塗りが得意な印刷方法

シルク印刷の手法

「シルク印刷とは何ですか?」

今回は、その疑問にお答えしようと思います。

メンバーズカードの印刷は、主にシルク印刷とオフセット印刷があります。シルク印刷をする場合は、1色追加毎に追加のオプション料金をいただいています。そのため、コストを重視されるのならばオフセット印刷が向いているように思えますが、メンバーズカードのデザインによってはシルク印刷の方が向いていることがあります。

シルク印刷は、別名スクリーン印刷とも呼ばれる印刷方法です。”スクリーン”という名称通り、シルク印刷はカードのデザインに沿った大小の穴が開いたスクリーン(版)を作成し、その上からカラーインクを機械で圧力をかけながら伸ばしていき、カードの表面にインクを印刷する方法です。この版材にはかつてシルクが使われていたことが、シルク印刷と呼ばれる由縁になっています。

シルク印刷は下地の色が透過しない印刷方法

シルク印刷に用いるインクは、透過性が少なく下地の色が透けないので、あらゆる色の重ね塗りが可能です。例えるなら、オフセット印刷のインクが水性の絵の具だとすると、シルク印刷のインクは油絵に使用する油性の絵の具のようなイメージです。

真っ黒の画用紙に赤のインクで何か文字やデザインをのせようとすると、水性の絵の具(オフセット印刷)だと下の黒が透けてしまい、本来使いたい赤の色とは違う色合いになってしまいます。しかし、油性の絵の具(シルク印刷)なら、下地の色が透過しないで、赤そのままの色をキレイに発色させることができるのです。

このように下地の色の影響を受けないという特徴から、シルク印刷は、
・塗りつぶすように濃くインクをのせるベタ印刷
・インクの重ね塗り
が得意な印刷方法と言えます。

メタリック印刷やパール印刷もシルク印刷ならキレイ

シルク印刷がよく用いられるのは、メタリック印刷やパール印刷などです。特に、ゴールドカード・シルバーカードのキラキラ感は、オフセット印刷では表現しづらく、ほとんどがシルク印刷で作成されています。

また、キラキラしたメタリックカードを下地として、その上にロゴデザインを重ねる場合、オフセット印刷だと下のキラキラが透けてしまうので、まずキレイに発色しません。メタリックカードの上にデザインをのせる場合も、シルク印刷を使用した方がキレイに表現することができます。

他には、企業のロゴマークなどは特色の指定がある場合が多いですが、この場合もよくシルク印刷を使います。

シルク印刷は細かいデザインが苦手

シルク印刷の注意点は、細かいデザインの印刷が苦手という点です。

シルク印刷を行う際は、まず基盤となるスクリーン(版)を作るところから始めます。そのスクリーン作成の都合上、小さすぎたり緻密すぎるデザインは、スクリーンにできる程度まで大きくしたり、デザイン自体を少し修正していただかないと、キレイに表現することができません。

また、シルク印刷はオフセット印刷よりもコストがかかります。これは、スクリーン(版)を作成するためのコストがかかるためです。1000枚以下の小ロットの印刷だと、オフセット印刷と比べて割高に感じてしまうかもしれません。

 

日本カード印刷では、お客様より印刷したいメンバーズカードのデザインデータを見せていただき、
「このロゴは細かすぎてシルク印刷では印刷できないので、もう少し大きくした方がいいですね。」
「この下地にこのインクカラーをのせるなら、シルク印刷の方が良いかもしれません。」
など、印刷方法について様々なご提案をさせていただきます。

お客様によって”デザイン重視なのか、コスト重視なのか”などのご要望は異なります。日本カード印刷は、そういった様々なご要望にもできるだけお応えできる印刷方法で、メンバーズカードをお作りいたします。

ギャラリー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

無料カードサンプル請求

印刷データ入稿窓口

テンプレートダウンロード

お問い合わせ・お見積もり

カードのリアルタイム情報

導入実績・お客様の声

無料カードデザイン素材ダウンロード

空メール送信

営業日カレンダー