• 送料無料!!

    全国送料無料!!
    ※一部地域を除く

  • 24時間いつでも
    注文・入稿OK

  • 電話でのお問合せ
    平日9:00~18:00

1人1人のお客様に合わせたメンバーズカードの作り方

1人1人のお客様に合わせたメンバーズカードの作り方

2016/11/17

日本カード印刷では、様々な業種・店舗から、メンバーズカードの印刷のご依頼をいただいています。

今までメンバーズカードを導入したことがなくても、「なんとなくプラスチックカードのイメージだから」「紙のカードだと安っぽいから」と、最初からPVCプラスチックカードの印刷をご希望されるお客様も多いのですが、メンバーズカードは必ずしもクリスパーカードやPVCプラスチックカードで作った方がいいという訳ではありません。お客様からお伺いしているご要望によっては、紙のカードでも十分活用できる場合も多くあります。

日本カード印刷では、特に初めてメンバーズカードをお作りされるお客様に対しまして、メンバーズカードをお作りする目的を詳しくお伺いしています。その上で、紙のカードがいいのか、それともクリスパーカードやPVCプラスチックカードがいいのか、お客様の目的にピッタリのメンバーズカードの作り方をご提案しております。

1番コストがかからないメンバーズカードは紙

コストパフォーマンスがもっとも良いのは、紙のメンバーズカードです。

素材そのものの価格の問題もありますが、クリスパーカードやPVCプラスチックカードの場合、基本的に1シートに24枚分印刷されるのですが、そのカードを抜きだすなどの制作工程にも時間がかかり、短時間で大量のメンバーズカードを裁断できる紙と比べて、どうしても手間がかかってしまいます。その分、コストが高くなるのです。

このような理由から、まずは試しにメンバーズカードを導入する場合、あるいは店頭で大量に配る体制をとる場合は、紙でメンバーズカードを作るのがオススメです。

リピート顧客の来店の予測がつくかどうかでメンバーズカードの作り方も変わる

また、どのようなメンバーズカードの作り方をするかという考えにおいて、”リピート顧客の来店時期の予測がつくかどうか”もいい判断材料になります。

美容院など、1ヵ月~2ヶ月に1回くらいのペースで顧客様が定期的にお店に来ていただける確率が高い場合は、クリスパーカードやPVCプラスチックカードでメンバーズカードをお作りするのがオススメです。ご来店の度にお持ちいただくものなので、耐久性が高い方がいいですし、お付けできる様々なオプションによって、より良いサービスを受けていただけるからです。
紙のカードよりも装飾にこだわることができるので、顧客様に高級感やVIP感を持っていただくことにも適しています。

逆に、顧客様であってもリピート来店の予測がつきづらい、あるいはそもそもリピート来店率が高くはない飲食店などでは、紙のカードがオススメです。来店してくれたお客様全員にプラスチックのカードをお配りしていても、再び来店していただかなくては意味がありません。長期間行く予定がないメンバーズカードは紛失してしまう可能性も高いので、メンバーズカード作りに高いコストをかけても割に合わない可能性があります。
また、回転率の高い飲食店の場合、レジが混んでしまうのは好ましくなく、メンバーズカードの発行は素早く行える方がいいです。そのため、さっと渡すだけで発行できる紙のカードの方が扱いやすいかと思います。

どうしても、「PVCプラスチックカードじゃないといけない!」という明確な理由があれば別なのですが、そうではなく、まだメンバーズカードの導入による目標がはっきりと定まっていないのでしたら、「まずは紙でメンバーズカードを発行してはいかがでしょうか?」と提案させていただくことがあります。お客様の目線に立ち、お客様に本当に必要なカードは何かと考えることが、日本カード印刷の方針です。

メンバーズカードの印刷に関しまして、どのような細かいことでも気軽にご相談していただければ、お客様の目的にしっかり焦点が合ったメンバーズカードの作り方をご提案させていただけるかと思います。