• 送料無料!!

    全国送料無料!!
    ※一部地域を除く

  • 24時間いつでも注文・入稿OK

    24時間いつでも
    注文・入稿OK

  • 電話でのお問合せ

    電話でのお問合せ
    平日9:00~18:00

プラスチックカードに印刷できるバーコードの種類について

プラスチックカードに印刷できるバーコードの種類について

公開日:2016/07/13
更新日:2020/05/01

似ているようで実は違うバーコードの種類!

レジ作業を簡単かつ正確にすることや在庫管理をスムーズに行うことができるPOSシステムの普及により、バーコードもまた広く普及しています。携帯端末でも多く利用されるQRコード、そして私たちが買う商品の外袋などに印刷されている、黒棒と白棒のシマ模様と数字で構成されたバーコードは私たちにとって馴染みの深いものです。

そんなバーコードですが、実はたくさんの種類があることをご存じでしょうか? 見た目はよく似ていますが、バーコードの種類によって使用できる文字種や長さはそれぞれ違います。

主要なバーコードの種類をご紹介

たとえば、JANコード(国際的にはEANコードと呼ばれます)はルビーと呼ばれる13か8桁固定の数字(0~9)で構成されたバーコードです。一般に流通する商品に、多く使用されています。また、世界流通する商品のJANコードの頭の数字は、国コードからはじまる必要があります。日本のコードは、450~459&490~499です。

ある商品のバーコードを流通コードセンターに申請して登録し、世界で唯一のバーコードにすることで、世界中のレジで情報を扱えるようになります。

用途を各店舗内や社内に限定したバーコードでは、国コードを意識する必要はありません。たとえば、プラスチックカード(メンバーズカードや社員証)に印刷されて個人情報を読み取れるものなどです。

その他のバーコードには国コードという概念はありません。

各バーコードで使用できる文字種と長さを以下にご紹介しますので、参考にしてください。
・JAN
数字(0~9)、桁数は13か8桁固定です。
・CODE39
数字(0~9)、記号(-,スペース,$,/,+,%,.)、アルファベット(A~Z)、スタート,ストップコード(*)、 桁数は可変です。
・CODE128
数字(0~9)、記号アルファベット(フルASC・128文字)、桁数は可変です。
・NW-7
数字(0~9)、記号(一,$,:,/,+,.)、スタート,ストップ,コード(A~D)、桁数は可変です。
・ITF
数字(0~9)のみ、14桁か16桁固定です。

プラスチックカードにバーコードを印刷する

弊社では、プラスチックカードにバーコードを印刷する際に、各種類のバーコードに対応することができます(JAN8、JAN13、CODE39、CODE128、UPC-A、UPC-E、NW-7、ITF)。

使用されるバーコードリーダーの種類と合わせて作成しましょう。ルビー部分の印字は連番でもバラバラの数字でも可能です。また、印刷するバーコードのサイズにつきましては、大きさを任意に変更し設定することができます。納期は2週間程度になります。

バーコードの印刷以外にも、プラスチックカードにおつけできるオプションは各種ありますので、ぜひ合わせてご覧ください。

プラスチックカード作成をご検討なら、
カード一筋40年の弊社にご相談ください。

日本カード印刷では、国内製造による高い品質と、提携工場による低コスト短納期対応が可能です。
少量作成・大量作成など、お客様のご希望をお気軽におっしゃってください。
お客様のニーズに合わせた臨機応変な対応を常に心がけておりますので、用途によって異なりますが、その内容に沿ったベストなご提案を行います。

お悩み解決致します!!

プラスチックカード作成は紙印刷と比較して決して安価な買い物ではございません。
だからこそ、このようなお悩みがございましたら、豊富なノウハウを持った専門会社にお任せください。

#

など些細な疑問でもかまいません。
プラスチックカードは素材や作成方法によって特徴や価格が違うためご不明な部分や迷われる場合もあると思います。
カードの作成をお考えのお客様、お気軽に御見積・サンプルカードのご依頼を頂き、カード品質や価格をお確かめください。
まずは、お電話やメールでご相談ください。当社の経験豊富なスタッフが迅速、丁寧に対応させていただきます。

もっと詳しい内容が知りたい、金額が気になる。丁寧にわかりやすくご回答させていただきます!まずはお気軽にメール・お電話にてお問い合わせください。

 06-6376-4140

受付時間 平日9:00~18:00