• 送料無料!!

    全国送料無料!!
    ※一部地域を除く

  • 24時間いつでも
    注文・入稿OK

  • 電話でのお問合せ
    平日9:00~18:00

ICタグの使用例|会社や店舗で活用するには?

ICタグの使用例|会社や店舗で活用するには?

2018/10/01

皆さんはICタグというとどのようなイメージを抱かれているでしょうか?

  • 「ICカードとどう違うの?」
  • 「お店の値札みたいに使えるのかな?」

など、どういった物かよく知らない、という方のほか、様々な利用場面を想像される方もいらっしゃるかもしれません。

今回は弊社でも取り扱っているICタグについて、概要をふまえ、使用例をご紹介します。

ICタグとは 

ICタグ(RFIDタグ)とは、ICチップとアンテナを組み合わせた小さなタグで、ICチップに記録された情報を無線通信により読み取ることができます。 

埋め込まれているICチップはFeliCaLite-S(フェリカライトエス)という名称でICカードなどにも使われていて、チップ・読み取りシステム共に日本でも広く普及している物です。

ICタグ全体

写真のICタグについて説明しますと、サイズは10円玉くらいの大きさで、タグの厚みは2mm程度です。埋め込まれているICチップ自体の厚みは1mm以下です。

ぷっくりとして柔らかそうな見た目ですが、ICチップを衝撃から守るために表面は硬いPVCで覆われています。

タグには伸縮性のあるストラップが付属しています。 

ICタグの4つの使用例

ICタグはICカードと同様の使い方もできますし、ICカードのようにカードとしての形状にとらわれることがないので、より自由な利用方法もできます。

ここでは4つの使用例を紹介します。

◆会社の勤怠管理システム・入室キー

会社でいうと、社員証がICカードでなくてもこれをつけてかざすだけで、出勤・退勤の処理・管理ができるようになります。

勤怠システムや入室管理システムを新しくする際に、ICチップ付きの社員証を作り直すのは大変ですよね。社員の写真と情報を集めて、デザインデータを送り…と、入稿の手間もかかりますし、印刷を考えるとコストもかさみます。

しかし、今回ご紹介したような小型のタグをたくさん作って配布し、社員証と一緒にネックストラップにつけてもらうだけで、ICカードのように使用してもらうことが可能です。

◆販売店での商品管理や生産システム 

ICタグ(電子タグ)はスーパーやコンビニで、レジでの作業効率化、セルフレジの簡易化のために、実験的に導入も進んでいるようです。

例えば、商品の値札などに貼り付けたり、組み込むことで、カゴに商品を入れたまま一度に精算することができるなどのシステムがあります。 

同じICとはいえ、カードとは異なる使い方、カードという形態にとらわれない使い方と言えるでしょう。

◆メンバーズカード・ポイントカードの新しい形

メンバーズカード機能やポイントカード機能を、ICタグに登録するのも一つの使い道です。 

車での来店者が多いガソリンスタンドやホームセンターなどの店舗なら、カードよりキーホルダーの方が忘れにくいというお客様も多いかもしれません。

◆記念に残るイベント入場チケットとして 

国内ではまだ使用される機会は少ないですが、イベントの入場チケットとして、ネックストラップやアームバンド、キーホルダーにつけたICタグを配布するという方法もあります。

紙のチケットと違い、その後も記念品として残せるので喜ばれる来場者も多いでしょう。 

ICカードより手軽に作成できるICタグは今後も使用場面が広がる予感

ICタグについての概要と使用例をご紹介しましたが、いかがでしたか?

最後に、ICタグのメリットをまとめてみました。 

【ICタグのメリット】

  • ・カードという形にとらわれず、自由な利用方法がある
  • ・ICカードより手軽に作れて配布しやすい
  • ・読み取りシステム(フェリカ)が比較的安価

今後ますます電子化が進む世の中で、ICタグの使用場面も増えると考えられます。

プラスチックカードを中心に取り扱う弊社ですが、関連商品としてICタグも取り扱っておりますので、ご検討中の場合は是非一度お問い合わせください。

どのように使うのが良いか、カードとどちらが良いかなど、迷われる場合も相談に乗らせていただきます。