• 送料無料!!

    全国送料無料!!
    ※一部地域を除く

  • 24時間いつでも
    注文・入稿OK

  • 電話でのお問合せ
    平日9:00~18:00

学生証の作成に関する日本カード印刷の2つの強み

学生証の作成に関する日本カード印刷の2つの強み

2017/02/14

学校は、卒業&入学シーズンの3~4月が1番の繁忙期です。

例えばマンモス大学など、在籍する学生の数がとても多い学校の場合、学生証の作成を行うような余裕は人員的にありません。だからこそ、PVCプラスチックカード製の学生証を発行する多くの高校・大学が、私たち日本カード印刷のような業者に学生証の作成を外注しているのです。

そこで今回は、学生証の作成に関しまして、日本カード印刷の持つ”強み”を2点ご紹介したいと思います。

強み1.学生証作成専門の業者ではないので、春でも納期が詰まっていない

まず、1つ目の強みは、納期に関することです。

学生証を大量に作成するカード業者さんの場合、やはり3月~4月にかけて注文が殺到し、納期がパンパンになってしまうことも多くあります。キャパシティ以上の注文を受けることは出来ませんので、「学生証の作成を専門のカード業者にお願いしたら、その納期では作成が難しいと断られてしまった」という声も、お客様からよく伺います。

日本カード印刷は、学生証の作成を主な業務としている会社ではございません。

通年を通して、社員証やメンバーズカードなども含めたカード全般の注文を受けておりますので、「1年のうち、この季節が特に忙しい!!」ということはありません。

つまり、3~4月にかけても、学生証の作成で納期が詰まっているということはなく、スケジュールを調整し、柔軟な対応を取ることが出来ます。 

 強み2.学生証作成用の発行機の取り扱いがある

学生は、よく学生証を失くしてしまいます。それこそ、高校や大学の事務には、1日に数件も再発行の申し込みがあることだって、珍しくありません。

ただ、その度に外注で学生証の作成を依頼していると、時間もお金もかかります。

そこで、ある程度学生の在籍数が多い学校では、新規学生証の作成と合わせて、カード発行機も導入されることが多いです。

日本カード印刷では、このカード発行機単体のお取り扱いもございます。

※詳しくは、こちらの記事をご参照ください。
→ プラスチックカードに印刷できるプリンター

新規で学生証の作成を依頼された学校に、学生証の納品と同時にカード発行機を導入させていただくこともありますし、既存のカード発行機があれば、それに合わせた形式で、学生証再発行用のデータを提供することも可能です。

カードの発券機を導入するメリットは、業者が発行するPVCプラスチックカードの学生証と同じクオリティで、学生証の再発行が簡単に早く出来ることです。

学生証の作成や再発行も日本カード印刷にお任せ!!

日本カード印刷では、常時7台の発行機が稼働しており、大ロットの学生証の印刷にも対応可能です。

また、学生数が100人に満たない小規模な専門学校や語学学校などでは、カード発行機の導入をしていない場合があるかと思います。そのような場合の学生証の再発行も承っており、ご依頼から2~3日で新しい学生証を作成し、納品させていただきます。

その他、学生証の作成につきまして、何かご不明点がございましたら、何でもお気軽に日本カード印刷までお問い合わせください。