ICカードを洗濯してしまったら?困った時の対処法

ICカードを洗濯してしまったら?困った時の対処法 写真イメージ

クレジットカードや交通系ICカードが入った財布を衣類と一緒にうっかり洗濯してしまったら、慌ててしまいますよね。

ICカードが普及して生活が便利になるほど、使えなくなったときの不便さが際立つものです。

今回は、ICカードを洗濯機に入れて回したあとのカードの変化や対処法を説明していきます。

交通系ICカードを洗濯してしまった時の対処法

Suicaをはじめとし、ICOCAなどたくさんの交通系ICカードが普及しています。
これらの交通系ICカードを洗濯した場合は、問題なく使えるのでしょうか?

交通系ICカードは、洗濯しても使えることが多い!

当たり前のように使っている交通系ICカードは、一見すると何の変哲もないただのカードに見えます。
カードをかざすだけで改札を通れるのは、カードの内部にICチップが埋め込まれているからです。

このICチップになんらかの問題が発生すれば、交通系ICカードは使用不可になりますが、ICチップは耐水性の高い厚手のプラスチック素材で覆われています。
洗濯機の中で水に浸かってしまった程度では、内部のICチップにまで悪影響が及ぶ可能性は低いので、洗濯しても問題なく使えるケースが多いのです。

交通系ICカードを洗濯した後の対処は?

洗濯機に入れて水に浸かってしまっただけなら、カードの表面についた水を布やタオルで拭き取るだけで問題ありません。
ただし、プラスチック製のカードは高温に弱いですから、水滴をドライヤーで乾かすのだけはやめましょう。

また変形を防ぐためにも、カードを必要以上の力でこするのも避けてください。

クレジットカードを洗濯してしまった時の対処法

クレジットカードにはICチップだけでなく磁気ストライプも備え付けられていることが多いですが、洗濯したらどうなるのでしょうか?

クレジットカードも、洗濯しても使えることが多い!

クレジットカードの素材もプラスチックなので、カード本体は水に濡れても問題ありません。
しかし、交通系ICカードとは違い、ICチップや磁気ストライプが外側にむき出しになっていることもあります。
濡れる分には問題ありませんが、なんらかの衝撃でチップや磁気が傷ついてしまうとカードとして機能しなくなる可能性も出てきます。
しかし、財布ごとクレジットカードを洗濯することがほとんどですから、洗濯機の中でぐるぐると回転しても、ICチップや磁気ストライプに傷がつくことは少ないとも言えます。

そう考えると、クレジットカードも洗濯機で洗ったとしても問題なく使える場合があります。
ただし、衣類のポケットにクレジットカードを入れたまま洗濯した場合は、むき出しのICチップが剥がれてしまうかもしれません。
そうなれば、クレジットカードは使用できなくなります。

クレジットカードを洗濯した後の対処は?

洗濯機から取り出してICチップや磁気ストライプに問題がなさそうであれば、カードの水滴を布やタオルで拭くだけで良いでしょう。
ただし、交通系ICカードと同じようにドライヤーの熱やこすって無理な力をかけるのは避けましょう。

こんな状態になっていたら使えない可能性大

交通系ICカードもクレジットカードも意外と水には強いのですが、中には使えない状態になる場合があります。

最大の敵は乾燥機

交通系ICカードやクレジットカードを洗濯機に入れて使えなくなる可能性が大きいのは、乾燥機までかけてしまった場合です。
カード本体は「PVC(ポリ塩化ビニル)」というプラスチックでできており、54度以上の温度で変形しやすくなります。

衣類乾燥機には、槽内が室温+15℃程度の低温のものもあれば、80℃近い高温になるものもあります。
もし洗濯が終わっても交通系ICカードやクレジットカードの存在に気づかずに、高温の乾燥機にかけてしまったらカードが変形して使えなくなるかもしれません。

ICチップや磁気ストライプについた傷は目視での確認は難しいですが、カードの折れや曲がり具合は、机の上に置けば簡単に分かります。

曲がったカードをATMなどで使用すると故障の原因になるため、再発行をしましょう。

カードの変形がないなら、実際に使用して確認を!

いくら交通系ICカードやクレジットカードは、水に強い!と言われても、実際に洗濯機で水没させてしまうと本当に使えるのか不安になるでしょう。
もしカードに折れや曲がりなどの変形が見られないのであれば、機械に通しても問題ありません。
内部のICチップや磁気ストライプに万が一異常がある場合でも、読み取りができないだけです。

カードに変形が見られないなら、カードの水滴をしっかりと拭き取り、念の為少し自然乾燥させてから使用してみましょう。

まとめ

1枚のカードでお金のやり取りができてしまう交通系ICカードやクレジットカードは、水没などのトラブルに弱いイメージですよね。
しかし、実際にはカードの構造上、シンプルな水没には強い耐性があります。

むき出しの状態で洗濯機に入れて強い衝撃が加わったり、乾燥機で熱を加えてしまうと危険ですが、財布の中のクレジットカードが洗濯機の水に濡れるくらいでは使えなくなることは少ないでしょう。

とはいっても、一番良いのは洗濯機に入れないことなので、ズボンのポケットに財布やカードが入ってないことをしっかりと確認してから洗濯機に入れるようにしたいですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

無料カードサンプル請求

印刷データ入稿窓口

テンプレートダウンロード

お問い合わせ・お見積もり

カードのリアルタイム情報

導入実績・お客様の声

無料カードデザイン素材ダウンロード

空メール送信

営業日カレンダー