プラスチックカードの規格について

2018/05/13

プラスチックカードの規格について(JIS X 6301 抜粋)

 

 

定義 この規格で用いる用語の手儀は、次によります。

  1. IDカードプラスチックカードを使用するに当たって、取引処理のために必要な入力データを記録することが可能な、カード保有者及び発行者を識別するカード
  2. 署名部領域 カード保有者の署名ができるように表面加工を施した部分。
  3. 反り カード表面性におけるゆがみ。プラスチックカードが表面から逸脱している部分をいう。
  4. 通常の使用 カード技術及び個人譲歩の記録媒体に適したカードリーダライタ側の処理を含むIDカードとしての使用
  5. 横寸法 幅85.60mm 高さ 53.98 mm 及び 厚さ0.76mmの寸法
  6. 盛り上がり領域 ホログラム、署名部領域、磁気ストライプ、写真、ICがイブ端末及び、エンボスのような幾つかの素材を付加した箇所でカード面が周囲より盛り上がってる領域。

 

プラスチックカードの外形寸法

 

 

1.カードの外形寸法 次の寸法及び許容範囲は、温度23度+-3及び相対温度40%~60%の試験環境による。

2.カードの寸法及び許容範囲 プラスチックカードは、仕上げられた状態で、四隅を除き、そのすべての端部が、最大高及び最小幅をもつ、中心と向きを同じにした二つの長方形の間に入らなければならない。 四隅は半径の丸みをつける。

一覧に戻る