オシャレなポイントカードが作成できる『ロイコリライトカード』の種類

ロイコリライトカード

ポイントカードにはさまざまな種類があります!

一般のお店や美容院など、あらゆる場所で使われているポイントカードには、さまざまな種類があります。紙に印刷されたものに手動でスタンプを押していく方法や、追記でポイントデータを記録していくサーマルカードなどがあります。

そして、カードリーダーに通すことで、何度も繰り返して印字の書き換えができる『リライトカード』も多く使われています。書き換えのできないサーマルカードなど他の方式のポイントカードと比べて制作コストはかかりますが、『リライトカード』や『ロイコリライトカード』の場合、今どれだけそのお店のポイントがたまっているかというポイント表示がわかりやすく、お客様の再来店率が高くなること、繰り返し使えることでポイントカード自体の寿命が長いこと(何枚も紙を使う必要がありません)、名前などお客様の個人情報の入ったポイントカードの場合は紛失率や廃棄率が少なくなることを考慮すると、ランニングコストはあまりかからないため、オススメのカードです。

『リライトカード』と『ロイコリライトカード』の違いって?

『リライトカード』は、表面の印字を繰り返し書き変えられるカードのことを言います。たくさん紙を使うことなく、1枚のカードをお客様に長く使っていただけるため、長い目で見ると経済的です。

通常の『リライトカード』は、ベースが銀色の印字面、文字は白色(白濁)です。窓枠をなくし、カード一面を銀の印字面にするなど工夫は出来ますが、印字面の銀×白という基本の配色を変更することは出来ないので、シンプルになり、ポイントカードのデザインが限られてきます。

コストは『ロイコリライトカード』と比べて16円安く、1枚あたり88円でお作りすることができます。(1000枚作成の場合、1枚あたり)

一方、『ロイコリライトカード』は、『リライトカード』よりデザインの幅が広がり、より見やすく作成できるため、人気があります。

『ロイコリライトカード』の種類

デザインの幅が広がる『ロイコリライトカード』には、2種類のタイプがあります。それは、デザインを印刷した表面に黒で印字したカードと青で印字したカードです。印字面は、白バックだけでなく、お好きな色でデザインを適用することができます。

『リライトカード』よりもハッキリと見やすいカード、そして、より個性あるポイントカードを作ることが可能です。印字スペースの窓枠を残したり残さなかったり、自由なレイアウトで制作できるため、ポイントカードを受け取るお客様にも楽しんでいただけるデザインを目指せます。

『リライトカード』『ロイコリライトカード』ともに納期は2週間程度になります。ポイントカードの制作につきましては、お客様のニーズに合わせた形を経験豊富なスタッフがご提案いたしますので、まずはお気軽にお問い合わせくださいませ。

ギャラリー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

無料カードサンプル請求

印刷データ入稿窓口

テンプレートダウンロード

お問い合わせ・お見積もり

カードのリアルタイム情報

導入実績・お客様の声

無料カードデザイン素材ダウンロード

空メール送信

営業日カレンダー