日本初!ヘアラインカードに可変QRコードを印字できる新オプション

ヘアラインカードへQRコードを印字

高級感溢れるデザインとして、メンバーズカード、特にVIPカードに使用されることが多いヘアライン加工ですが、その上からQRコードを印字することはできませんでした。

今回、新たなオプションとして、それぞれ個別に違う情報が書き込める「可変QRコード」に対応できるオプションが登場しましたので、ご紹介いたします。
これにより、ヘアラインカードの金属のような質感を最大限に活かすことができます。

ヘアラインカードに印字できるメリット

ヘアラインカードとは、カードの表面に髪の毛のような細い傷を同一方向につける加工のことで、ステンレス素材など金属のような質感に見えるのが特徴です。高級感のあるデザインとして人気ですが、その上に直接QRコードなどを印字することはできませんでした。
印字をご希望されるお客様には、片面のみヘアライン加工を施し、白色のまま残した裏面に、バーコードやテキストを印字することで対応していました。

今回、おそらく他社では取り扱っていない日本初のオプションとして、ヘアラインの加工の上からでも個別に「可変QRコード」を印字できるようになりました。
これによってヘアライン加工を両面に施すことができ、デザインの幅がより一層広がります。
これまでも両面のヘアラインカードをご希望されるお客様が多かったため、大変喜ばれております。可変QRコードの大きさや白枠のサイズも自由に変更することができます。

QRコードを印字することで広がる使用用途

可変QRコードを印字したヘアラインカードは、マイページをお持ちのアパレル業界や、会員登録をするようなギフトカードなどに利用されております。
QRコードを読み込み、自分のページへログインする時などにご活用いただけるほか、ポイントカードとしても使用されております。最近はスマートフォンで自分のポイントを参照するお客様も多いので大変便利です。

本来であれば、大量注文なら対応できることが多いカード業界ですが、弊社では100枚以下の小ロットの注文にもご対応しております。1枚からでも印字できるのが強みです。
納期もヘアラインカードの通常納期に2日追加で、納品させていただきます。
価格についてもお求めやすい価格帯をご提案いたしますので、まずはお気軽にはお問い合わせください。

まとめ

・ヘアライン加工の上に、印字が可能
・カード両面にヘアライン加工をすることで、デザインの幅が広がる
・可変QRコードに対応できる
・QRコードや白枠のサイズは、自由に変更が可能
・通常納期に2日追加で納品
・小ロットの注文にも対応

ヘアラインカードでVIPカードを作成するなら「日本カード印刷」へ

ギャラリー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

無料カードサンプル請求

印刷データ入稿窓口

テンプレートダウンロード

お問い合わせ・お見積もり

カードのリアルタイム情報

導入実績・お客様の声

無料カードデザイン素材ダウンロード

空メール送信

営業日カレンダー