デジタルオフセット印刷のご紹介

1_FullSizeRender

一般的にデジタル・オンデマンドとも呼ばれ、デジタル印刷機を用いた新しい印刷方法です。

小ロットでも低価格・高品質・短納期を実現可能なデジタルオフセット印刷

「版(刷版)」を必要とするオフセット印刷ですと、ご注文枚数が少ないと価格が上がってしまうため、1000枚以下のご注文には向かない印刷方法となります。しかしデジタルオフセット印刷は、版を作らずに印刷が可能なため、そういった小ロット少部数のご注文でも低価格・短納期で素早く印刷することが可能です。

またオフセット印刷と比べても高品質で、拡大してじっくり観察しないと分からないくらい、仕上がりにほとんど差がありません。商業印刷レベルにも十分な美しい仕上がりを実現いたします。

従来のトナー方式は粒子の一つ一つが大きいことに比べ、微粒子液体トナー方式は一つ一つの粒子が極小なため、従来のオフセット印刷にも劣らない繊細で滑らかな印刷が可能です。

ただし、使用する印刷機が異なるため、まったく同じ色合いなどにはなりません。

デジタルオフセット印刷の特徴

・正確な色の再現がしやすい。
・色ムラが少なく、色味が安定しやすい。
・グレーや薄い色の塗りに網点が出やすい。
・グレーや薄い色の線、文字、輪郭にジャギーが出やすい。
・K100%の文字や線が、データよりも若干太めとなる。

なお価格や納期は、従来のオンデマンドカードのUVインクジェットPVCカードと近いイメージでご注文いただけます。
納期に関しましては、ご相談いただければ短納期が可能な場合もあります。

デジタルオフセット印刷に使用できる豊富なオプション加工

・サインパネル
カードの表面に、筆記具で文字が書き込めるようにコーティング加工するもの。

・バーコード
JANコード、CODE39、NW7などの各種バーコードの印字が可能。

・テキスト印字
カードプリンターによる黒文字の印字加工。
お名前など漢字の印字またバーコード印字も可能です。
印字フォントは主に、WindowsFontを使用します。

・エンボス加工
銀行のキャッシュカードやクレジットカードなどに番号・カナを刻印するために使用する文字加工。
文字が盛り上がっているのが特徴で、文字に着色をすることも可能。

・可変QRコード
可変QRコードを印字することも可能。

・変形加工
カードの形状を変形させる加工。

・ホットスタンプ
ホットスタンプとは、箔押し加工のこと。高級感溢れるデザインが再現可能。

少部数でも高品質・低価格・短納期が可能なデジタルオフセット印刷にて、お客様のご要望にお応えいたします。様々な業種の方におすすめですので、小ロットのご注文に際は、是非お試しください。

ギャラリー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

無料カードサンプル請求

印刷データ入稿窓口

テンプレートダウンロード

お問い合わせ・お見積もり

カードのリアルタイム情報

導入実績・お客様の声

無料カードデザイン素材ダウンロード

空メール送信

営業日カレンダー